銀行ローン

キャッシングするなら、金利ができるだけ低い金融会社でした方がいいに決まってます!

じゃ〜、実際にどこでキャッシングするべきなのでしょうか?

低金利ということを考えるのであれば、まず頭に浮かぶのは銀行です。
銀行では、確かにマイカーローンや住宅ローンのような目的ローンの金利は低いです。その反面、審査は厳しく(いろんな事を聞かれます・・・)、提出書類も多く、融資されるまでの期間は長くなってしまいます。また、担保や保証人が必要なケースがほとんどです。

そんな銀行にも、最近では担保・保証人不要で使途が自由(フリーローン)の金融商品がでてきました。特に新興の銀行やリテールに積極的な銀行では低金利で個性的なキャッシングサービスを提供しています。

審査は目的ローンと比べると甘めですが、金利は目的ローンと比べると高めの設定で、信販系キャッシングの金利よりやや低めの設定です。銀行カードローンとしての実績が豊富な三菱東京UFJ銀行カードローンで実質年率4.6%〜14.6%の設定です。

この金利は、銀行の無目的カードローンとしては、TOPクラスの低金利です。

クレジットカードのキャッシング

財布の中にある、クレジットカードでのキャッシングも手軽な方法です。

金利は消費者金融や信販会社のキャッシングに比べると、ずいぶんと遅れた感はありますが、現在ではほとんどのクレジットカードのキャッシング枠は貸付金利18%以下の設定になっています。
ただし、基本的には次回支払日に全額一括返済です。超低額であれば、さほど問題はないかもしれませんが、一括返済だと自転車操業に陥るリスクはまだまだ高く、利用の仕方を誤ると自分の首を絞めてしまます・・・

リボ払い専用クレジットカードもキャッシングの利用には便利なクレジットカードです。リボ払いであるなら、ショッピングの利用もキャッシングの利用も、月々の返済額は自分で決めることができるので、自転車操業に陥るリスクは低いといえます。

リボ払い専用クレジットカードの中でもおススメはP-one FLEXYです。ほとんどのクレジットカードの金利は18%なのに対し、P-one FLEXYはキャッシングでもショッピングでも一律固定の14.95%です。月々の支払額は定額で自由に設定できますし、増額返済も自由自在です!


トップ>銀行ローンとクレジットカードキャッシングの特徴

サイトマップ