IT系消費者金融のキャッシングについて

IT系企業がその豊富な資金力を背景に中規模消費者金融会社や信販会社を買収することにより、キャッシング分野に進出してきています。

楽天はあおぞら銀行(昔の日債銀)とオリックスが所有していた、あおぞらカードを買収し楽天クレジットを設立して、キャッシングカード「マイワン」の発行を引き継ぎました。

さらに、楽天クレジットは同じく買収したイーバンク銀行と統合し、イーバンク銀行の『マイワン』として、リニューアルされました。イーバンク銀行の社名変更に伴い楽天銀行スーパーローンになりました。

楽天の場合、買収先の企業が信販会社なので、キャッシングの特徴も信販会社系キャッシングの特徴と酷似しています。申込み時のコースに応じて融資極度額と金利が設定され、総じて(特に大口コース)低金利です。大口コースでキャッシングカードが発行されれば、例え小口の融資だとしても、金利は大口コースで設定されている金利が適用されます。
デメリットは即日融資には対応できていません。


トップ>IT系キャッシングの特徴

サイトマップ