個人信用情報機関

金融会社が加盟している個人信用情報期間は下記の5社になり、この中のどれか、もしくは複数に加盟しています。

この中で、主に消費者金融系の金融機関が加盟するのが「全情連」、主に銀行系の金融機関が加盟するのが「全銀協」、主に信販系・流通系の金融機関が加盟するのが「CIC」になります。ほとんどの金融機関は、この中のどれかには加盟しています。

個人信用情報機関の個人信用情報の個人信用情報の保有期間は機関により、かつ情報によりまちまちです。

全情連 全銀協 CIC CCB テラネット
照会(登録/申込)情報 加盟会員 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 6ヶ月 1ヶ月
照会(登録/申込)情報 本人 3ヶ月 1年間 6ヶ月 6ヶ月 3ヶ月
取引(クレジット)情報 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間
異動(延滞・事故)情報 1年間 5年間 5年間 5年間 5年間
債権回収・債務整理・代位弁済情報 5年間 5年間 5年間 5年間 5年間
官報掲載情報(破産・失踪・民事再生等) 10年 10年 7年 7年 5年

通常の取引情報は完済すれば5年後には記録はすべての信用情報機関から消去されます。例え、異動(延滞・事故)情報を登録されても返済後5年経てば、その情報は消去されます。ただし、延滞があってどのくらいの期間で異動(延滞・事故)情報に登録するかの基準は金融会社よってバラバラです・・・
延滞が発生した日に登録する金融会社もあれば、返済後に登録する金融会社もあるようです。通常は支払い入金予定日から3ヶ月未入金になった時、登録する金融業者が多いようです。気になる場合は、自分で開示請求をして調べることが可能です。

異動情報が登録されてしまうと、新規の融資はかなり難しくなってしまうので注意が必要です。この異動情報や官報掲載情報がいわゆる「ブラックリスト」です。(個人信用情報機関には、異動情報、官報掲載情報だけを集めたブラックリストという名のリストは存在しません)

個人信用情報の開示請求

クレジットカードやキャッシングを申し込んでもいつも審査落ちしてしまう・・・
「もしかして、自分に異動(延滞・事故)情報が登録されているのか?」「いったい自分の信用情報はどのように登録されているのか?」
気になる方は、「本人開示制度」を利用して、自分の信用情報を確認することができます。忙しい方は郵送による開示手続も可能です。

開示手数料 郵送開示の場合の費用 必要書類
全情連 無料 返送用封筒に切手600円分 ・開示請求書
・印鑑(郵送の場合 印鑑登録証明書)
・本人確認書類 1点または2点
全銀協 500円 800円分の定額小為替証書 ・登録情報開示申込書
・本人確認書類 2点
CIC 500円 900円分の定額小為替証書 ・信用情報開示申込書
・本人確認書類 1点または2点
CCB 500円 500円分の定額小為替証書 ・クレジット情報開示申込書
・印鑑
・本人確認書類 1点または2点
テラネット 無料 返送用封筒に切手600円分 ・開示請求書
・印鑑(郵送の場合 印鑑登録証明書)
・本人確認書類 1点または2点

CRIN(クリン)って何?

CRINとは多重多額債務者の防止等を目的として、全国信用情報センター連合会(全情連=JIC)、全国銀行個人信用情報センター(全銀協=KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)間の異動情報の共有化、交換のことをいいます。

この3社のうちの1社でCRIN情報が登録されると、他の2社にもCRIN情報が登録されます。ほとんどの金融会社はこの3社のどれかには加盟しているのでCRIN情報が登録されてしまうと、新規融資・追加融資はほとんど不可能になることを覚悟しなくてはなりません。

ただし、CRINによる情報の共有化は異動情報だけであり、その他の情報が3社間で共有されることはありません。


トップ>キャッシングの審査 個人信用情報機関

サイトマップ