審査の流れ〜個人信用情報機関への照会

キャッシングに申し込むと金融会社は申込み時に入力した情報を鵜呑みにして「ポン」っと貸してくれるわけではありません。必ず申込者へ融資可能かどうかの審査をしています。

審査の中で一番重要で時間も要する部分が、申込み時に入力した情報が正しいかどうかの確認です。ここで、怪しいと疑われてしまったり、返済能力がないと判断されてしまうと融資が受けられません・・・

時々、属性に問題もなく他社借入件数も多くないのに審査が通過しないと嘆いている方がいますが、そういう方は審査の段階で怪しいと疑われてしまっているわけです。審査の仕組みを理解することで審査が通貨し易くなることもありますので、覚えておいて損はありません!

金融会社は申し込みを受けると、申込み情報が正しいかどうか確認するために加盟している個人信用情報機関に照会します。照会内容は「氏名」「生年月日」「照会(登録・申込)情報」「借入件数」「借入額」「返済状況」等です。ようするに、加盟している金融会社間では申込み日から借入日、完済日、借入件数、借入額、事故情報が一目瞭然になっているわけです。

当サイトで紹介しているキャッシング会社が加盟する個人信用情報機関
(株)日本信用情報機構(JICC) 全国銀行協会(全銀協) (株)シー・アイ・シー(CIC)
武富士 - -
アコム - -
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) -
アイフル - -
レイク -
ノーローン - -
オリックスクレジット -
JCB -
三菱UFJニコス -

申込みブラック

照会すると同時に、「申込みをしたという情報(事実)」を加盟している個人信用情報機関に登録します。この申込情報がいっぱいあると審査に大きく影響します!いわゆる申込みブラックという状態です。
なので、数うちゃ当たるとばかりに次から次に申し込めば、審査はどんどん不利になっていってしまうのです。

でも、何件以上でアウトにするという基準をキャッシング会社は全く明らかにしていません。予想するしかないわけですが、3件以上申込み情報が登録されていると、審査に大きく影響すると言われています。
なので、一度に申し込むのは最大でも3件にするべきなのです。

ただし、この照会(登録/申込)情報は長い期間保存されるわけではありません。しばらくすると消去されます。
申込みブラックの状態だなっと自覚があるなら、この照会情報が完全に消去されるのを待つしかありません。

全情連 全銀協 CIC CCB テラネット
照会(登録/申込)情報 加盟会員 1ヶ月 3ヶ月 6ヶ月 6ヶ月 1ヶ月
照会(登録/申込)情報 本人 3ヶ月 1年間 6ヶ月 6ヶ月 3ヶ月

個人信用情報機関による照会(登録/申込)情報の保有期間は機関によりまちまちです。多くのキャッシング会社が複数の個人信用情報機関に加盟していますので、最大では6ヶ月間申込みを控える必要があります。

照会事項

キャッシング 比較・キャッシング 審査

ほとんどの消費者金融が加盟している全情連に登録されている情報には「名前」「住所」「電話番号」「生年月日」「勤務先情報」の他に「貸付件数合計」「貸付金額合計」「残高金額合計」があります。
これは、借入契約件数が何件で、いからまで借入可能で、現在いくら借入れているかの情報です。申込み時に虚偽入力をしても、全情連加盟業者の借入状況は、ここを確認されたら一発でバレてしまいます。

また、個別契約ごとに「貸付情報」や「完済情報」、さらには事故があった方には「延滞(異動・事故)情報」や「債権回収」「債務整理」等の情報が記録されています。

審査でNGになる原因はいろいろ考えられますが、キャッシング会社が定める他社借入件数を超えているケースが最も多いです。
貸金業法改正の影響からか、大手消費者金融や銀行系消費者金融では自主規制で4件以上の借入がある方への新規融資は行っていません。3件が限界です。パートやアルバイトの方は2件が限界かもしれません。他社借入件数4件以上ある方が大手や銀行系に申し込むのは照会(登録/申込)情報に登録されてしまうだけになってしまい、後の審査にも影響してきますので避けた方が無難でしょう。

また、貸金業法改正法第3次施行(2007年12月19日施行)により設置された「日本貸金業協会」も、毎月の返済額を可能な限り月収の1/3以下または年収の1/.36以下にするという自主規制を打ち出しています。
これまでは、借入額と年収のバランスから与信を独自に設定していたキャッシング各社の与信枠設定に大きな影響を与える自主規制といえます。

個人信用情報機関はあくまで信用情報を提供しているだけであり、巷でよく言われるようなブラックリストというものは存在しません。しかし、ブラックと呼ばれる状態はあります。「延滞(異動・事故)情報」や「破産情報」「整理情報」等が記録されている状態がブラックと呼ばれる状態です。

ブラック状態では、まず融資を受けることはできません。無条件でNGになってしまいます。また、延滞(異動・事故)情報に限ってはCRIN(クリン)を通じてCICと全銀協の間で情報を交流しています。クレジットカードや銀行ローンで延滞している場合も融資を受けることはほぼ不可能です。
融資を受けるにはこれらの情報が消えるのを待つしかないでしょう・・・

その他の審査落ちする原因としては、申込み内容に不一致がある場合があります。
申告した借入額・借入件数と信用情報機関に登録されている借入額・借入件数がかけ離れている場合は大きく審査に影響します。
また、住所・電話番号・勤務先が不一致の場合も審査に影響します。引っ越しや転職の場合もあるので、一概にはいえませんが、辻褄のあわない不一致、在宅確認・在籍確認がとれないようなケースでは大きく影響してきます。


トップ>キャッシングの審査

サイトマップ