キャッシング用語

・配当
担保の不動産や差押さえが換金され、その売却代金から債権者に債権額(借金の元本と利息、遅延損害金など)が払われること。
・余剰金
担保が売却され、すべての債権者に配当し、また執行費用を除いても余った代金。余剰金は債務者のものであり、債権者の取り得にはならない。
・PTSD
戦争や災害の体験、幼児期の虐待やレイプの被害など悲惨な体験がトラウマとなって起こる精神障害で、心的外傷後ストレス障害が正式な呼び方。
・時効
借金の権利が消滅するので消滅時効という。
友人同士の貸し借り・・・10年
貸金業者からの借金・・・5年
これに対し、一定期間他人のものを占有することで権利を取得する時効を取得時効という。


トップキャッシング用語集>普段と違う意味を持つキャッシング用語

サイトマップ